ひと、場、素材の「らしさ」を引きだす素直な家つくり
京都 南丹市美山を拠点とし、近畿北部各地で活動中です。



 
   【 約30坪の小住宅 】 
 
 この計画は親子4人程度の家族を想定した、約30坪(100屐砲両住宅です。

立体的にも大きさを必要最小限にとどめることにより建設コストを抑えることを可能とした他、たとえば薪ストーブ一つで家全体を暖めることができるなど、エネルギー効率の高い家としています。


またこの小さな家は、どこにいながらも家族全員の気配を感じ取ることができる、そんな「理想的最小立体空間」
の実現を目指したプランです。



   他にも小さな家ですが

       ・ 浴室横に外物置、2階に納戸を設けるなど収納にも配慮しました。
       
       ・ 洗面・脱衣スペースにクローゼットを設けることにより、脱衣→洗たく→乾燥→収納→着衣
         という一連の流れが一箇所に集約され、家事負担を減らす工夫をしています。

       ・ 吹抜けを介して家じゅうに風が通るように配慮しています。

       ・ 食堂は、約210センチと大きめテーブル。その背後には多目的に使える出窓付きのカウンターを設け、
         食事以外の時間にも家族全員が憩える空間としています。

       ・ 構造や内装には木をふんだんに使い、あたたまりある空間となるようにしています。
                                                   works topに戻る

                             copyright (c) 2007 Jin architect design all rights reserved